Case Study
(体験談)/大人

60代後半夫婦(モラハラ)

60代後半夫婦(モラハラ)

薬局の近くに住むおばあちゃん。週に2~3回は農作業の帰りに立ち寄って、お茶を飲んで帰られていた。あるとき、遠くに住む息子さんの話題になり、ちゃんと栄養摂れているだろうかといつも心配されていることを聞いた。
話の中で、ご主人がよく怒鳴る人だと判明。たまに別れたくなるとポロリとつぶやかれる。言葉もキツいし怒り始めると手が付けられないからビクビクしているとのこと。
今までご主人には何度かお会いしたことがあったが、よもやそのようには見えなかった。最近骨折して入院した後から、さらに拍車がかかったようで、脳が消耗している可能性がとても高いことを説明。1週間まずは飲ませてみて…と栄養素をお渡しした。
1週間もしないうちに、何か落ち着いてきたみたい、と言われ喜ばれている。2週目には、早くも、奥さんが言うことにいちいち文句を言う回数が少なくなり、素直に答えてくれることがあって驚かれている。

普段から脳の栄養不足状態では、頑張りすぎると消耗がひどくなり、怒りっぽくなったりうつ状態になったりすることを説明した。