Case Study
(体験談)/20代

20代後半女性(不妊症・バセドウ病)

20代後半女性(不妊症・バセドウ病)

20代前半でバセドウ病を発病し、手術により甲状腺の5分の4を摘出しました。その後、子宮頸癌高度異形成との診断でレーザー治療。現在、甲状腺薬の服用を継続しています。結婚1年目で宮崎薬局さんに相談しました。

漢方と栄養素で体質改善スタートすると、徐々に体温が上がり始め、不正出血がなくなり、月経周期が整ってきた9カ月後に自然妊娠し出産。その後、第二子、第三子も授り、現在は3人のママになり、子育てを楽しんでます。

instagram

LINE

漢方の宮崎薬局 オンラインショップ 漢方の宮崎薬局 オンラインショップ