からだに、おせっかい。

ブログ

体に優しい、漢方・自然療法のご紹介。
「応急処置」から「からだづくり」まで
漢方の魅力を語ります。

不登校や引きこもりは心の問題じゃない

2020年07月18日(土)

カテゴリー
こどもの脳活

「不登校や引きこもりは心の問題じゃない。」

こんな話を一体どれくらいの人が信じてくれるでしょうか。

実は、私は不登校や引きこもりは「脳の栄養不足」が原因だと考えています。そして、こういった問題は「漢方で治る」と思っています。こんな話を心の準備なしに聞くとお子さんの不登校や引きこもりで悩んでいるご家族の方にとっては、なおさら混乱してしまうこともあるかもしれません。

しかし、そんな方にこそ、もう一度考えて欲しいのです。確かに、彼らの心は病んでいるように見えます。では、「心が病んでいる」とは一体どういう状態なのでしょうか。それは、心が理由もなく混乱し、わけもなく心がモヤモヤしたり、なぜかいつもイライラしていたり、すぐにムカっとしたりするような状態です。

彼らは、ささいなことに対して過敏に反応することがほとんどです。さらに、彼らには、普通の人にとっては何も問題のないことに恐怖を感じると言う共通点があります。人によってその対象に多少のズレはありますが、例えば不登校の場合なら学校や教師、友人であり、引きこもりなら人付き合いや社会などです。正直、こういったことで苦しむことについては、当人以外はほとんどの人が理解できません。しかし、1つだけ誰もがわかる事実があります。

それは、彼らは皆「情緒が混乱」しているということです。そして私たちの誰もが、情緒が混乱している人を他にも知っています。

誰だかわかりますか。


それは「酔っ払っている」人たちです。人は酔っ払うと情緒が混乱します。わけのわからないことを話したり、ちょっとしたことに腹を立てたり泣いたりします。そして、酔っている時、いくら道徳的な話をしても意味はありません。情緒が混乱していますから、何を言っても火に油を注ぐようなものなのです。

しかし、彼らはもともと心に問題があるわけではありませんし、人格が破綻していたわけでもありません。単に、お酒の量が許容量よりも多かったため、彼らの情緒が混乱してしまっただけに過ぎません。同じように、不登校や引きこもりの人たちも情緒が混乱しています。だからこそ、心の問題と言うアプローチだけでは無理があるのです。

酔っている人は、お酒が冷めて初めて聞く耳を持ちます。不登校や引きこもりの人たちも、情緒の混乱がおさまって初めて聞く耳を持つのです。これは誰でも容易に想像できることでしょう。逆に、このことを理解せずに不登校や引きこもりは「心の問題」である、と言う側面からだけのアプローチを続けるからこそ、時として問題が大きくなり、長引いてしまうのです。

脳活漢方とは…

思い込みが悲劇を生む

instagram

漢方の宮崎薬局 オンラインショップ 漢方の宮崎薬局 オンラインショップ