からだに、おせっかい。

ブログ

体に優しい、漢方・自然療法のご紹介。
「応急処置」から「からだづくり」まで
漢方の魅力を語ります。

免疫こそ!

2021年05月17日(月)

多くの皆さんがこれから打たれるであろうワクチンの治験(治験者約4万人)から、おもしろい結果が出ていますね。

それは、ワクチンを打った人が、0.04%の罹患率、ワクチン打たなかった人が、0.98%の罹患率というファイザー側からのデータです。

この治験者の中のアジア人はほんのわずかですが、「おお、やっぱりワクチンすごいな~」と思う人もいれば、「あれ、打っても打たなくても、99%の人は罹らないのかな?」という見方のできる人もいます。

総合的にみると、世界は過剰反応をしていると片づけることもできますが、高齢者の家族や、基礎疾患を持っている方は気が気ではありません。

どっちにしたって、病気にかかる可能性はゼロにはならないわけです。

どちら側に入っておくか

ところが、こういう見方もできるのです。
つまり、ワクチン打つ人も打たない人も、99%の側に入っておけばいいんじゃない?ってことですね。

よく、論文などを見ると、動物実験などでかわいそうなのですが、ネズミさんに発がん物質などを与えて、ガン化させる実験などのデータを見たことがあると思います。
この時、発がん物質を与えて75%のネズミさんがガン化したという結果が出れば、「やっぱり発がん物質って、恐ろしいよね。」と考えると思います。

でも、実は全てのネズミさんがガンになってしまうわけではありません。
たとえば、25%はがん化しなかったんだ。
なんていう結果などがあるわけです。

そんな時ちょっと考えて欲しいのは、そっか、発がん物質を大量に与えても、それに打ち勝つ免疫力があるやつが4分の1もいたのか。ということなんですね。

今回の流行り病は、発がん物質ほどの強さではありませんし、ファイザーのデータでいうと、 1%未満の罹患率ですから、99:1のうちの99の側に入っておけばいいということになります。

だったら、その免疫力をしっかり保つことに注力することが、ワクチン接種の有無よりも、とても優先順位が高いことになりますね。

体調管理と精神管理

体の健康と、こころの健康はふたつ揃って本当の健康になります。
命や健康のことを考えてどんなに万全な態勢を整えていても、常にビクビク・ピリピリしていては、何のための人生かわかりません。

ニュース等を見ていると、ついつい暗い方暗い方に引っ張られがちですが、賢明なヘルシー会員の皆様方は、この自粛生活の中でも、溌溂と生活されておられることと思います。

まとめデータ差し上げます。

そろそろデータが揃ってきましたので、ちょっと希望が見える話題ということで、コロナ禍の状況をまとめたものを作りました。
A3用紙2枚分で、内容や文字数はそれほど多くありませんが、ちょっと今後の参考にしていただければ幸いです。
ご希望の方々に店頭でお配りしております。ヘルシー会員様は無償にて。
気軽にお声がけくださいませ。

26日(水)14:00~のけんこう茶話会にもどうぞ。

漢方の宮崎薬局 オンラインショップ 漢方の宮崎薬局 オンラインショップ