からだに、おせっかい。

ブログ

体に優しい、漢方・自然療法のご紹介。
「応急処置」から「からだづくり」まで
漢方の魅力を語ります。

不登校・ひきこもりは「記憶」が薄れることも問題

2021年06月19日(土)

カテゴリー
こどもの脳活

前回の話題(不登校の胃腸症状は計算ドリル?)でも触れましたが、不登校になった当初は、できるだけ登校刺激を避けなければいけません。しかし、不登校になった彼らを放置しておいてもいけません。ずっとそのままにしておいたら、結果として別の問題を生むことになります。なぜなら、利用されない神経は、結びつきがどんどん弱くなり、やがてその神経細胞まで死ぬことになるからです。

発達には刺激と栄養素が不可欠

脳の発達には周囲の環境からの刺激が必要不可欠です。特に、人の脳は、およそ3歳から10代後半にかけて徐々に成長していきます。
家庭環境や友人、学校、本、遊びなどなど、ありとあらゆる経験が子供の健全な成長に役立ちます。人の脳は、環境とキャッチボールを繰り返すことで初めて、社会で生き抜く力を育むことができるのです。
どんなことを口にすると友達が怒るのか。友達が怒ったとき、一体どんな対応をするのか。そういった一つ一つの経験が積み重ねられることで、様々なケースに対応する神経回路の結びつきが生まれます。また、そのおかげで私たちは試練に立ち向かうことができるのです。

基礎体験を学ぶ期間

忘れてはならないのは、社会に出る以前の経験や体験は基礎条件となることです。算数も、元は足し算引き算からです。決して最初に微分積分や関数を学ぶ事はありません。また、背負い投げや大外刈りのような基礎的な技を身につけるとことなく柔道のオリンピック選手にはなれません。同じように、学生時代の基礎条件があって初めて、私たちは大人の社会生活でその応用ができるのです。社会に出る前の様々な経験や体験は、基礎体力(能力)として必要不可欠なのです。
彼らが不登校を続ければ、対人関係を始めとした経験や体験が決定的に欠けることになります。これが、彼らのその後の人生をどのようなものにするのか容易に想像できることでしょう。

本能の領域である大脳辺縁系は3歳程度で成熟します。その一方で、理性や知性を司る大脳新皮質は3歳以降十代後半まで少しずつ成長を続けていきます。
その間、誰もが辛いこと、苦しいこと、悲しいこと、様々な経験、喜怒哀楽を乗り越えて生きています。そしてそんな体験から、生きていく上で必要なありとあらゆるパターンの基礎を学びます。
もし、不登校や引きこもりが長く続けば、彼らの脳が成長の機会を失うことにもなるのです。困難を乗り越えるための神経回路の結びつきが弱くなり、どんどん社会に適応できなくなってしまうのです。

脳活漢方とは…?

 

漢方の宮崎薬局 オンラインショップ 漢方の宮崎薬局 オンラインショップ